お酒をやめました。


正確には「なんとなくのお酒」をやめました。

身体を壊したわけではありません。もともとお酒は好きです。だから「会いたい人と会って話す」とか「行きたいお店に行く」とか、そういう目的があるお酒をやめるつもりはありませんが「なんとなく時間があるから」とか「なんとなく誰かに会いたいから」とか、そういうお酒はやめました。

理由はいくつかありますが「そういうお酒が楽しくなくなった」というのが、ひとつです。

2ヶ月ほどかけて少しずつ「なんとなくのお酒」を減らし、ひとりで飲むことはほぼ無くなりました。飲む回数は1割程度になった印象です。得意げにメリットを並べるつもりはありませんが、単純にお金と時間が増えて体重が減ります。

それと、これまでの食事制限や断酒の経験から予想はついていましたが、やはり甘いものが、特にハーゲンダッツがめちゃくちゃ美味く感じます(笑)脳がお酒のかわりとなるものを求めるせいらしいです。禁煙した人がガムとかフリスクに行くのと同じですね。

あ、飲みのお誘いは全然歓迎ですので、お待ちしております。おいしく飲みましょう。

フリスク ペパーミント