毎月の住民税や保険税、光熱費の支払いを忘れないために「封筒」を活用



ライフハックでもなんでもないことを、もっともらしく書きます。

税金。会社員の方は基本的に給与から天引されていると思いますが、そうでない人の元には1年分の請求額と払込書がまとめて届きます。税金の種類によって異なりますが、1年分をまとめて払うか、2期に分けるか、もしくは毎月払うかといった感じで支払いサイクルを選べるように大量の払込書が入ってくるわけです。

自分は基本的に大雑把に生きているので、こういう支払いをしょっちゅう忘れてしまい後悔しがち。ということで、新年度からは12ヶ月分の封筒を用意して、その中に払込書を入れておくことにしました。支払後は領収書の保存に使います。

これから12ヶ月分の封筒を作ったら気分がシャキッとしました。単純なものですね。

マルアイ クラフト封筒 長形3号 100枚