生活

手ぶらが基本。毎日の持ち物は4つに収めます。

UPDATE:2020年12月の最新版はこちら

毎日手ぶら。2020年も変わらぬ4つだけの持ち物

これが僕の毎日持ち歩いているアイテムです。

…なんて、実はこれがずっとやりたかったことでした。世間では“EDC”と言うらしいのですが、“いつも持ち歩いているアイテム”をこうして紹介することに憧れておりました。

といっても、内容は至ってシンプル。

ジーンズのポケットに収まる4つのアイテム

1. iPhone 7 256GB SIMフリーモデル
iPhoneは日本初発売の3Gからずっと使っています。6以降はSIMフリーモデルで、LINEモバイルをサービスイン時から使用中。LINEモバイルについてはまた書きますが、iPhone 7の防水/カメラ/Apple Payはとにかく便利。〈SILLY〉でこんな記事を書いたのでケースはつけず、裸で使用しています。傷だらけですが、iPhoneはじめデジタルガジェットはあくまで消耗品。好きなケースがあるならともかく、過保護にケースを着けて何色だったのかも忘れてしまうよりは、本来のカラーリングと素材の質感を楽しむくらいで良いのではないでしょうか? 新機種が出たら売って買い換えればいいんです。

2. カードケース
こちらで紹介していますが、iPhoneのApple Pay搭載をひとつの機としてサイフをやめてカードケースに移行。ジーンズの前ポケットに入るのでセキュリティーも万全です。

3. 鍵
家の鍵です。

4. AirPods
左右独立型のため2つ+ケースで持ち物が3つになって面倒じゃないか。…と思っていたのですが、コードもないし結果的にコンパクトでストレスも減りました。思った以上に良い買い物だったと思います。

あ、それとApple Watchも腕に着けています

仕事の際は、これらの他に無印のハードケース、そして撮影仕事の際はカメラをバッグに入れて持ち出します。

トラベル モノ

2020/12/20

アップル「MagSafeデュアル充電パッド」は、持ち歩ける充電ステーション。

目次 アップル製品を2つ同時にワイヤレス充電可能 旅行や出張が多い人なら買って損なし 旅行時は折りたたみ機能が便利 アップル製品を2つ同時にワイヤレス充電可能 source: Apple アップル純正のワイヤレス充電スタンド「MagSafeデュアル充電パッド」を購入しました。 USB Type-C to Lightningケーブルが付属しており、iPhone 12 ProやApple Watchなどのアップル製品やQi規格のデバイスをワイヤレスで充電できる製品です。 14,800円という価格は正直かなり高 ...

もっと読む

モノ

2020/12/19

効率的に散財するための散財記録 高城剛『LIFE PACKING 2020』

高城剛氏厳選アイテム紹介本の2020年版 数年に一度アップデートされる、高城剛氏の持ち物紹介本『LIFE PACKING』。その2020年版が発売されました。 LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 (NEXTRAVELER BOOKS) created by Rinker ¥1,250 (2023/01/26 13:15:38時点 Amazon調べ-詳細) Kindle Amazon 楽天市場 2001年のアメリカ同時多発テロをきっかけに家を引き払い、持ち物 ...

もっと読む

AirPods Max Space Gray

モノ 音楽

2021/1/1

「AirPods Max」レビュー:“持ち歩けるスピーカー”感覚で使っています。

まさに“自宅用”に欲しかったヘッドフォン ギズモード・ジャパンでも書きましたが、アップル初のオーバーイヤーヘッドフォン「 ...

もっと読む

モノ 音楽

2020/6/9

レコード針の選び方。DJ用ではなくオーディオ用ナガオカ「MP-150」を愛用する理由

レコードを聴くには「針(カートリッジ)」が必要 レコードを聴くためのプレーヤーとして、テクニクス「SL-1200MK6」を愛用していることを先日紹介しました。 しかし、「SL-1200MK6」だけでレコードを聴くことはできません。 必要なものがすべて揃ったオールインワンのプレーヤーもありますが、「SL-1200MK6」の場合は針(カートリッジ)、フォノイコライザー、スピーカーをそれぞれ用意しなければいけないのです。 この記事では、レコード針の選び方を解説し、僕が愛用している高音質かつオールジャンルに対応し ...

もっと読む

モノ 音楽

2020/6/10

定番フォノイコライザー「AT-PEQ3」を、テクニクス「SL-1200」のお供に愛用しています

目次 アナログレコード用のロングセラー製品 高価なDJミキサーより音が良い? アナログレコード用のロングセラー製品 最近のレコードプレーヤーは、RCA(赤白)ケーブルやステレオミニプラグでそのままスピーカーに接続できるばかりか、Bluetoothを内蔵しているものも増えています。 しかしテクニクスの定番ターンテーブル「SL-1200」シリーズは、フォノイコライザーと呼ばれる機械、あるいはフォノイコライザーを内蔵したミキサーやアンプを通さなければスピーカーから音を出すことができません。 そこで僕が使用してい ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-生活
-, , , ,

Copyright© SATYOUTH , 2023 All Rights Reserved.