写真

デジタル写真に色気を作るレンズ。「ライカ ズミクロン50mm 1st 沈胴」

「デジタルカメラの性能はそろそろ頭打ち」と言われて久しい昨今。

もちろん性能自体は着実に上がり続けているのですが、解像度の面では人間の視力の限界にそろそろ近づいていたりと、その進歩を感じづらくなっているのは確か。

またカメラ本体には純正レンズのクセを補正するデータが入っていることも多く、極力フラットな扱いやすい写真が吐き出される傾向にあります。

これらの要素が組み合わされ、カメラやレンズによる写真の差は出にくくなっているのが現状です。

写真に雰囲気を作るオールドレンズ

そんな状況において近年注目を集めているのが、オールドレンズ。

その名の通り、フィルム時代に作られたヴィンテージなレンズを示すカテゴリです。

従来、レンズとボディにはそれぞれマウントと呼ばれる規格があり、それが合致しなければ取り付けられないのが基本でした。

しかし、近年のミラーレスカメラはマウントアダプターという変換器を取り付けることで実質的にあらゆるレンズを使えるようになったこともあり、その独特な描写がデジタル写真に味付けしてくれるという魅力と合わせ、一気にオールドレンズの人気が再燃したのです。

1950年代の伝説的レンズ「ライカ 沈胴ズミクロン」

今回紹介するのは僕が愛用しているレンズ。ドイツのカメラブランドであるライカを代表する、伝説的レンズ「ズミクロン50mm 1st 沈胴」です。

金属とガラスだけで作られた、ドイツの職人芸を感じる美しい筐体。そして現代のレンズにも引けを取らない解像力と、オールドレンズらしいクセの共存。

これらが比較的リーズナブルな10万円程度で購入できるとあって、個人的にぜひおすすめしたいレンズの一つ。

詳しくはこちらのnoteにて作例を交えてその特徴を紹介しているのでぜひご覧ください。

ちなみに、2019年に話題を呼んだカメラ「シグマfp」のコンセプトムービーにも、この沈胴ズミクロンを取り付けた姿が大きくフィーチャーされています。

こうした最新のカメラにタイムレスなテイストを加えてくれるルックスも、このレンズが持つ大きな魅力と言えます。

【中古】 (ライカ) Leica ズミクロンM 50/2 沈胴【中古レンズ レンジファインダー用レンズ】 ランク:C

モノ 写真

2020/5/23

世界でいちばん人気のフィルムカメラ「CONTAX T3」レビュー

写真家やセレブが愛用している人気フィルムカメラ 2010年代中盤から2020年現在にかけ、フィルムカメラブームが世界的に到来しています。 おそらくはインスタグラムのフィルターから始まり、VSCOによるフィルムシミュレーションを経由して、本物であるフィルムに広がっていったムーブメントではないかと思います。 note(ノート)365日ライカ:016 「フィルム風」はただの流行か?|#365leica|note そんなフィルムカメラブームの最高峰に位置するのが「CONTAX T3」。 この記事では、僕が愛用して ...

もっと読む

モノ 仕事効率化

2020/6/5

“シン・輪ゴム”こと「モビロンバンド」をケーブルやガジェットポーチ整理に活用する

目次 モビロンバンドはゴムじゃない輪ゴム 輪ゴムとモビロンバンドの違い3点 ケーブルやガジェットを結んで整理するのに便利 モビロンバンドはゴムじゃない輪ゴム 輪ゴムより薄くて、輪ゴムより丈夫な、溶けない輪ゴム。 「モビロンバンド」は、そんな“シン・輪ゴム”ともいうべき人気ステーショナリーです。 最大の特徴はその材料。ゴムではなく『熱可塑性ポリウレタン(TPU)』という材料でできているのです。 S日清紡 モビロンバンド55X2X0.3透明/洗浄タイプ100G MB55023TA100G created by ...

もっと読む

モノ 仕事効率化

2020/5/22

編集者・ライターが持ち歩く、無印良品「透明ガジェットポーチ」とその中身

編集者・ライターが持ち歩くガジェット小物を紹介 僕は普段、編集者・ライター、そしてフォトグラファーとして仕事をしています。 この記事では、フォトグラファーではなく、編集者・ライターとしての仕事の際に持ち歩いているガジェットポーチと、その中身であるガジェット小物類をご紹介します。 目次 ガジェットポーチは無印良品のクリアケース 2台のICレコーダー Ankerの小型充電器「PowerPort Atom III slim」 アップル「USB-C電源アダプタ」 2本の充電用USB-Cケーブル 2本のアップル純正 ...

もっと読む

モノ 音楽

2020/6/8

レコードを聴くなら“最強の定番”プレーヤー「SL-1200MK6」がおすすめ

まっさきにおすすめしたいレコードプレーヤー ”レコードブーム”と言われるようになり、もはや10年以上が経過している気がし ...

もっと読む

モノ 写真

2020/5/23

「CONTAX T3」を修理に出し、リペアセンター諏訪から返ってきました

目次 フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」の修理理由:フィルムの巻き上げ不具合 リペアセンター諏訪に修理依頼してからの流れ 「CONTAX T3」修理の見積内容と作業内容 修理内容はバッチリ&点検も丁寧でした 「CONTAX T3」の修理価格 すでに欠品パーツあり。できるだけ長く修理対応して欲しい フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」はおそらく現在もっとも人気があるフィルムカメラです。 フランク・オーシャン、ソフィア・コッ ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-写真
-, , , , ,

Copyright© SATYOUTH , 2020 All Rights Reserved.