写真

デジタル写真に色気を作るレンズ。「ライカ ズミクロン50mm 1st 沈胴」

「デジタルカメラの性能はそろそろ頭打ち」と言われて久しい昨今。

もちろん性能自体は着実に上がり続けているのですが、解像度の面では人間の視力の限界にそろそろ近づいていたりと、その進歩を感じづらくなっているのは確か。

またカメラ本体には純正レンズのクセを補正するデータが入っていることも多く、極力フラットな扱いやすい写真が吐き出される傾向にあります。

これらの要素が組み合わされ、カメラやレンズによる写真の差は出にくくなっているのが現状です。

写真に雰囲気を作るオールドレンズ

そんな状況において近年注目を集めているのが、オールドレンズ。

その名の通り、フィルム時代に作られたヴィンテージなレンズを示すカテゴリです。

従来、レンズとボディにはそれぞれマウントと呼ばれる規格があり、それが合致しなければ取り付けられないのが基本でした。

しかし、近年のミラーレスカメラはマウントアダプターという変換器を取り付けることで実質的にあらゆるレンズを使えるようになったこともあり、その独特な描写がデジタル写真に味付けしてくれるという魅力と合わせ、一気にオールドレンズの人気が再燃したのです。

1950年代の伝説的レンズ「ライカ 沈胴ズミクロン」

今回紹介するのは僕が愛用しているレンズ。ドイツのカメラブランドであるライカを代表する、伝説的レンズ「ズミクロン50mm 1st 沈胴」です。

金属とガラスだけで作られた、ドイツの職人芸を感じる美しい筐体。そして現代のレンズにも引けを取らない解像力と、オールドレンズらしいクセの共存。

これらが比較的リーズナブルな10万円程度で購入できるとあって、個人的にぜひおすすめしたいレンズの一つ。

詳しくはこちらのnoteにて作例を交えてその特徴を紹介しているのでぜひご覧ください。

ちなみに、2019年に話題を呼んだカメラ「シグマfp」のコンセプトムービーにも、この沈胴ズミクロンを取り付けた姿が大きくフィーチャーされています。

こうした最新のカメラにタイムレスなテイストを加えてくれるルックスも、このレンズが持つ大きな魅力と言えます。

【中古】 (ライカ) Leica ズミクロンM 50/2 沈胴【中古レンズ レンジファインダー用レンズ】 ランク:C

モノ

2020/12/19

効率的に散財するための散財記録 高城剛『LIFE PACKING 2020』

高城剛氏厳選アイテム紹介本の2020年版 数年に一度アップデートされる、高城剛氏の持ち物紹介本『LIFE PACKING』。その2020年版が発売されました。 LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 (NEXTRAVELER BOOKS) created by Rinker ¥1,250 (2021/06/22 05:42:04時点 Amazon調べ-詳細) Kindle Amazon 楽天市場 2001年のアメリカ同時多発テロをきっかけに家を引き払い、持ち物 ...

もっと読む

モノ 健康 生活

2021/1/3

ホットクック良すぎて追加購入。2台使いは便利です。

ホットクックは自然と2台欲しくなる 1人暮らし用サイズが出たことや、外出自粛要請が出たことから大人気となった「ホットクッ ...

もっと読む

トラベル モノ

2020/12/20

アップル「MagSafeデュアル充電パッド」は、持ち歩ける充電ステーション。

目次 アップル製品を2つ同時にワイヤレス充電可能 旅行や出張が多い人なら買って損なし 旅行時は折りたたみ機能が便利 アップル製品を2つ同時にワイヤレス充電可能 source: Apple アップル純正のワイヤレス充電スタンド「MagSafeデュアル充電パッド」を購入しました。 USB Type-C to Lightningケーブルが付属しており、iPhone 12 ProやApple Watchなどのアップル製品やQi規格のデバイスをワイヤレスで充電できる製品です。 14,800円という価格は正直かなり高 ...

もっと読む

モノ 生活

2021/1/6

ダイソンの高級ドライヤー「Dyson Supersonic ionic」はコスパの塊。

噂のドライヤーを購入しました 「ダイソンのドライヤー『Dyson Supersonic ionic』が良いらしい」とは聞いていたのですが、約5万円の値段になかなか手が出ませんでした。しかし、昨年思い切って購入。 それから数ヶ月利用していますが、結論から言うと本当によかったです。 マジメな話、もはやダイソンについて「掃除機じゃなく、ドライヤー会社なのでは?」と思っているくらいです。 メリットその1:とにかく乾くのが早い 何が良いかというと、とにかく乾くのが早い。 強烈な風が塊になって出てくるイメージで、おも ...

もっと読む

モノ 仕事効率化 音楽

2020/5/30

音楽&映像配信、Web会議に。「コンデンサーマイク」はひとつ持っておくと便利な“万能ツール”

マイクは新たな時代の“三種の神器”の一つ ZOOMなどのツールを活用したビデオ会議がすっかり一般化しました。 僕は編集者 ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-写真
-, , , , ,

Copyright© SATYOUTH , 2021 All Rights Reserved.