ゲーム

使わなくても満足?「Nintendo Switch用スーパーファミコン コントローラー」

なつかしくも最新なガジェット

2019年9月から有料サービスNintendo Switch Online加入者限定で、スーパーファミコンのソフトがNintendo Switchで遊べるようになりました。

それに合わせて発売されたのが、Nintendo Switch用「スーパーファミコン コントローラー」。

Nintendo Switch Online加入者限定で、マイニンテンドーストアで販売されています。

本体上部にはUSB Type-Cポートと、Nintendo Switchならではの「ZL」「ZR」ボタン。

本体下部にはNintendo Switchと無線接続するためのボタンとインジケーターが用意されています。

ゲームの“原型”に触れる体験

Nintendo Switchでゲームをプレイしなくても、手にとってプラスチック表面の加工を確認したりボタンを押したりするだけで、どこか楽しめてしまうのはリアルタイマーならではでしょうか。

ともかく、こうしたプリミティブなテクノロジーに触れる経験は、応用力を鍛えるためにも、できるうちにしておいた方がいいと感じます。

特にゲームは今後さらに成長する分野となるでしょうし、UIやUXのお手本とも言われるジャンルですからね(←半分はゲームで遊ぶための口実です)。

created by Rinker
任天堂(Nintendo)
¥18,888 (2022/05/16 08:55:32時点 Amazon調べ-詳細)

AirPods Max Space Gray

モノ 音楽

2021/1/1

「AirPods Max」レビュー:“持ち歩けるスピーカー”感覚で使っています。

まさに“自宅用”に欲しかったヘッドフォン ギズモード・ジャパンでも書きましたが、アップル初のオーバーイヤーヘッドフォン「 ...

もっと読む

モノ 写真

2020/5/23

「CONTAX T3」を修理に出し、リペアセンター諏訪から返ってきました

目次 フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」の修理理由:フィルムの巻き上げ不具合 リペアセンター諏訪に修理依頼してからの流れ 「CONTAX T3」修理の見積内容と作業内容 修理内容はバッチリ&点検も丁寧でした 「CONTAX T3」の修理価格 すでに欠品パーツあり。できるだけ長く修理対応して欲しい フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」はおそらく現在もっとも人気があるフィルムカメラです。 フランク・オーシャン、ソフィア・コッ ...

もっと読む

モノ 仕事効率化

2020/6/5

“シン・輪ゴム”こと「モビロンバンド」をケーブルやガジェットポーチ整理に活用する

目次 モビロンバンドはゴムじゃない輪ゴム 輪ゴムとモビロンバンドの違い3点 ケーブルやガジェットを結んで整理するのに便利 モビロンバンドはゴムじゃない輪ゴム 輪ゴムより薄くて、輪ゴムより丈夫な、溶けない輪ゴム。 「モビロンバンド」は、そんな“シン・輪ゴム”ともいうべき人気ステーショナリーです。 最大の特徴はその材料。ゴムではなく『熱可塑性ポリウレタン(TPU)』という材料でできているのです。 S日清紡 モビロンバンド55X2X0.3透明/洗浄タイプ100G MB55023TA100G created by ...

もっと読む

モノ 音楽

2020/6/8

レコードを聴くなら“最強の定番”プレーヤー「SL-1200MK6」がおすすめ

まっさきにおすすめしたいレコードプレーヤー ”レコードブーム”と言われるようになり、もはや10年以上が経過している気がし ...

もっと読む

モノ 音楽

2020/6/10

定番フォノイコライザー「AT-PEQ3」を、テクニクス「SL-1200」のお供に愛用しています

目次 アナログレコード用のロングセラー製品 高価なDJミキサーより音が良い? アナログレコード用のロングセラー製品 最近のレコードプレーヤーは、RCA(赤白)ケーブルやステレオミニプラグでそのままスピーカーに接続できるばかりか、Bluetoothを内蔵しているものも増えています。 しかしテクニクスの定番ターンテーブル「SL-1200」シリーズは、フォノイコライザーと呼ばれる機械、あるいはフォノイコライザーを内蔵したミキサーやアンプを通さなければスピーカーから音を出すことができません。 そこで僕が使用してい ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-ゲーム
-, , , , ,

Copyright© SATYOUTH , 2022 All Rights Reserved.