ゲーム

使わなくても満足?「Nintendo Switch用スーパーファミコン コントローラー」

なつかしくも最新なガジェット

2019年9月から有料サービスNintendo Switch Online加入者限定で、スーパーファミコンのソフトがNintendo Switchで遊べるようになりました。

それに合わせて発売されたのが、Nintendo Switch用「スーパーファミコン コントローラー」。

Nintendo Switch Online加入者限定で、マイニンテンドーストアで販売されています。

本体上部にはUSB Type-Cポートと、Nintendo Switchならではの「ZL」「ZR」ボタン。

本体下部にはNintendo Switchと無線接続するためのボタンとインジケーターが用意されています。

ゲームの“原型”に触れる体験

Nintendo Switchでゲームをプレイしなくても、手にとってプラスチック表面の加工を確認したりボタンを押したりするだけで、どこか楽しめてしまうのはリアルタイマーならではでしょうか。

ともかく、こうしたプリミティブなテクノロジーに触れる経験は、応用力を鍛えるためにも、できるうちにしておいた方がいいと感じます。

特にゲームは今後さらに成長する分野となるでしょうし、UIやUXのお手本とも言われるジャンルですからね(←半分はゲームで遊ぶための口実です)。

created by Rinker
任天堂(Nintendo)
¥18,980 (2021/04/21 19:23:47時点 Amazon調べ-詳細)

モノ 写真

2020/5/23

世界でいちばん人気のフィルムカメラ「CONTAX T3」レビュー

写真家やセレブが愛用している人気フィルムカメラ 2010年代中盤から2020年現在にかけ、フィルムカメラブームが世界的に到来しています。 おそらくはインスタグラムのフィルターから始まり、VSCOによるフィルムシミュレーションを経由して、本物であるフィルムに広がっていったムーブメントではないかと思います。 note(ノート)365日ライカ:016 「フィルム風」はただの流行か?|#365leica|note そんなフィルムカメラブームの最高峰に位置するのが「CONTAX T3」。 この記事では、僕が愛用して ...

もっと読む

トラベル モノ

2020/12/5

手ぶら時の持ち物が「iPhone 12 Pro」で減りました。

iPhone 12 Proを購入して以来、毎日持ち歩くアイテム(EDC)が大きく変化しました。 もともと手ぶらで、持ち物は4つしかなかったのですが、3つあるいは3.5個まで絞ることができました。 毎日持ち歩く、厳選された3アイテム 1. iPhone 12 Pro & MagSafe レザーウォレット iPhone X以来3年ぶりにiPhoneを買い替えました。 もともと2007年のiPhone 3G以来、毎年買い替えていた“フリーク”だった僕も、近年はさすがにiPhoneについて冷め気味。しかし、さすが ...

もっと読む

モノ 写真

2020/5/23

「CONTAX T3」を修理に出し、リペアセンター諏訪から返ってきました

目次 フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」の修理理由:フィルムの巻き上げ不具合 リペアセンター諏訪に修理依頼してからの流れ 「CONTAX T3」修理の見積内容と作業内容 修理内容はバッチリ&点検も丁寧でした 「CONTAX T3」の修理価格 すでに欠品パーツあり。できるだけ長く修理対応して欲しい フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」はおそらく現在もっとも人気があるフィルムカメラです。 フランク・オーシャン、ソフィア・コッ ...

もっと読む

トラベル モノ

2020/12/20

アップル「MagSafeデュアル充電パッド」は、持ち歩ける充電ステーション。

目次 アップル製品を2つ同時にワイヤレス充電可能 旅行や出張が多い人なら買って損なし 旅行時は折りたたみ機能が便利 アップル製品を2つ同時にワイヤレス充電可能 source: Apple アップル純正のワイヤレス充電スタンド「MagSafeデュアル充電パッド」を購入しました。 USB Type-C to Lightningケーブルが付属しており、iPhone 12 ProやApple Watchなどのアップル製品やQi規格のデバイスをワイヤレスで充電できる製品です。 14,800円という価格は正直かなり高 ...

もっと読む

モノ 仕事効率化 音楽

2020/5/30

音楽&映像配信、Web会議に。「コンデンサーマイク」はひとつ持っておくと便利な“万能ツール”

マイクは新たな時代の“三種の神器”の一つ ZOOMなどのツールを活用したビデオ会議がすっかり一般化しました。 僕は編集者 ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-ゲーム
-, , , , ,

Copyright© SATYOUTH , 2021 All Rights Reserved.