カルチャー

10回払いで買っても大満足のスピーカー「RL906」

僕はできるだけ音楽をスピーカーで聴きたいタイプです。

それは、物理的に前方から音が鳴ること、そして自分とスピーカーの間の空気が振動することが、多くの音楽にとってとても重要だと感じるから(もちろんヘッドフォンで聴く良さもあります)。

そして、音楽好きであり、音楽評論を仕事としており、たまに楽器演奏や制作も行う身としては、スピーカーは優先度の高い買い物となっています。そこで6年ほど前に購入したのが、この「RL906」です。

高解像度&フラット。でも艶あるサウンド

ドイツのメーカーであるmusikelectronic geithainによるパワードモニタースピーカーで、同社製品は坂本龍一氏を筆頭に多くのミュージシャンやエンジニアに使用されています。

そのラインナップの中でも小型のニアフィールドモニターが、この「RL906」。

どことなく“ドイツ製らしさ”を感じる無骨ながらも愛嬌あるルックスの印象通り、そのサウンドは高解像度&フラットでありながら、どこかふくよか。(純粋なモニタースピーカーとしては余計な部分ではありますが)フラットながらも艶やかな音楽体験が得られます。特に生演奏の楽器は、演奏者のフィーリングがよく伝わってくると感じます。

スピーカーは満足度の高い買い物

RL906」はmusikelectronic geithain製品の中では安価なモデルですが、それでもペアで40万円以上はする一般的には非常に高価なスピーカーです。

実際、僕も10回払いで購入しました。しかし、まったく後悔はないどころか、心の底から「買って良かった」と思っています。なぜなら一度買ってしまえば、大好きな音楽がどれも「RL906」レベルの音質で聴くことができるから。そしてそれは音楽だけではなく、映画やドラマ、アニメなどの映像にも適用されます。購入から6年間、ほぼ毎日このスピーカーで音楽や映像を楽しめていますし、制作や楽器演奏時も高精度でモニタリングできているのですから、初期投資は十分にリクープできていると思っています。

この辺りは、先日の「RME Babyface Pro」についての記事で紹介した「音が鳴る出口であるスピーカーから順に機器を買い換えていった方が、効果が顕著に感じられて満足度が高い」というオーディオの考え方と近いと思います。

スペースと予算が許せばRL904がおすすめ

ライゾマティクス真鍋大渡氏のアトリエや代々木のミュージックバー「Spincoaster Music Bar」で上位モデルの「RL904」を聴かせてもらったことがありますが、基本的なサウンド傾向は同じ。

しかし、流石にワンランク上の音がします。スペースと予算に余裕があるなら「RL904」の方がいいかもしれません。

性能を引き出すなら、専用スタンドは必須

それとスピーカー側面から本体を固定する専用スタンドは、製品ポテンシャルを発揮させるためには必要不可欠です。

僕は卓上スタンドを使っていますが、フロアスタンドも用意されています。中古の場合、スタンドとセットでお得に販売されていることもあるので、気になる方はぜひ探してみてください。

本製品は高価なので、誰にでもお勧めするものではありません。しかし、スピーカーに少しこだわってみることは、住環境が許す限り強くお勧めしたいと思っています。

created by Rinker
¥484,000 (2021/04/21 07:16:26時点 楽天市場調べ-詳細)

モノ 生活

2021/1/6

ダイソンの高級ドライヤー「Dyson Supersonic ionic」はコスパの塊。

噂のドライヤーを購入しました 「ダイソンのドライヤー『Dyson Supersonic ionic』が良いらしい」とは聞いていたのですが、約5万円の値段になかなか手が出ませんでした。しかし、昨年思い切って購入。 それから数ヶ月利用していますが、結論から言うと本当によかったです。 マジメな話、もはやダイソンについて「掃除機じゃなく、ドライヤー会社なのでは?」と思っているくらいです。 メリットその1:とにかく乾くのが早い 何が良いかというと、とにかく乾くのが早い。 強烈な風が塊になって出てくるイメージで、おも ...

もっと読む

AirPods Max Space Gray

モノ 音楽

2021/1/1

「AirPods Max」レビュー:“持ち歩けるスピーカー”感覚で使っています。

まさに“自宅用”に欲しかったヘッドフォン ギズモード・ジャパンでも書きましたが、アップル初のオーバーイヤーヘッドフォン「 ...

もっと読む

モノ

2020/12/19

効率的に散財するための散財記録 高城剛『LIFE PACKING 2020』

高城剛氏厳選アイテム紹介本の2020年版 数年に一度アップデートされる、高城剛氏の持ち物紹介本『LIFE PACKING』。その2020年版が発売されました。 LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 (NEXTRAVELER BOOKS) created by Rinker ¥1,250 (2021/04/21 01:21:43時点 Amazon調べ-詳細) Kindle Amazon 楽天市場 2001年のアメリカ同時多発テロをきっかけに家を引き払い、持ち物 ...

もっと読む

モノ 写真

2020/5/23

「CONTAX T3」を修理に出し、リペアセンター諏訪から返ってきました

目次 フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」の修理理由:フィルムの巻き上げ不具合 リペアセンター諏訪に修理依頼してからの流れ 「CONTAX T3」修理の見積内容と作業内容 修理内容はバッチリ&点検も丁寧でした 「CONTAX T3」の修理価格 すでに欠品パーツあり。できるだけ長く修理対応して欲しい フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」はおそらく現在もっとも人気があるフィルムカメラです。 フランク・オーシャン、ソフィア・コッ ...

もっと読む

モノ 写真

2020/5/23

世界でいちばん人気のフィルムカメラ「CONTAX T3」レビュー

写真家やセレブが愛用している人気フィルムカメラ 2010年代中盤から2020年現在にかけ、フィルムカメラブームが世界的に到来しています。 おそらくはインスタグラムのフィルターから始まり、VSCOによるフィルムシミュレーションを経由して、本物であるフィルムに広がっていったムーブメントではないかと思います。 note(ノート)365日ライカ:016 「フィルム風」はただの流行か?|#365leica|note そんなフィルムカメラブームの最高峰に位置するのが「CONTAX T3」。 この記事では、僕が愛用して ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-カルチャー
-, , , , ,

Copyright© SATYOUTH , 2021 All Rights Reserved.