カルチャー

10回払いで買っても大満足のスピーカー「RL906」

僕はできるだけ音楽をスピーカーで聴きたいタイプです。

それは、物理的に前方から音が鳴ること、そして自分とスピーカーの間の空気が振動することが、多くの音楽にとってとても重要だと感じるから(もちろんヘッドフォンで聴く良さもあります)。

そして、音楽好きであり、音楽評論を仕事としており、たまに楽器演奏や制作も行う身としては、スピーカーは優先度の高い買い物となっています。そこで6年ほど前に購入したのが、この「RL906」です。

高解像度&フラット。でも艶あるサウンド

ドイツのメーカーであるmusikelectronic geithainによるパワードモニタースピーカーで、同社製品は坂本龍一氏を筆頭に多くのミュージシャンやエンジニアに使用されています。

そのラインナップの中でも小型のニアフィールドモニターが、この「RL906」。

どことなく“ドイツ製らしさ”を感じる無骨ながらも愛嬌あるルックスの印象通り、そのサウンドは高解像度&フラットでありながら、どこかふくよか。(純粋なモニタースピーカーとしては余計な部分ではありますが)フラットながらも艶やかな音楽体験が得られます。特に生演奏の楽器は、演奏者のフィーリングがよく伝わってくると感じます。

スピーカーは満足度の高い買い物

RL906」はmusikelectronic geithain製品の中では安価なモデルですが、それでもペアで40万円以上はする一般的には非常に高価なスピーカーです。

実際、僕も10回払いで購入しました。しかし、まったく後悔はないどころか、心の底から「買って良かった」と思っています。なぜなら一度買ってしまえば、大好きな音楽がどれも「RL906」レベルの音質で聴くことができるから。そしてそれは音楽だけではなく、映画やドラマ、アニメなどの映像にも適用されます。購入から6年間、ほぼ毎日このスピーカーで音楽や映像を楽しめていますし、制作や楽器演奏時も高精度でモニタリングできているのですから、初期投資は十分にリクープできていると思っています。

この辺りは、先日の「RME Babyface Pro」についての記事で紹介した「音が鳴る出口であるスピーカーから順に機器を買い換えていった方が、効果が顕著に感じられて満足度が高い」というオーディオの考え方と近いと思います。

スペースと予算が許せばRL904がおすすめ

ライゾマティクス真鍋大渡氏のアトリエや代々木のミュージックバー「Spincoaster Music Bar」で上位モデルの「RL904」を聴かせてもらったことがありますが、基本的なサウンド傾向は同じ。

しかし、流石にワンランク上の音がします。スペースと予算に余裕があるなら「RL904」の方がいいかもしれません。

性能を引き出すなら、専用スタンドは必須

それとスピーカー側面から本体を固定する専用スタンドは、製品ポテンシャルを発揮させるためには必要不可欠です。

僕は卓上スタンドを使っていますが、フロアスタンドも用意されています。中古の場合、スタンドとセットでお得に販売されていることもあるので、気になる方はぜひ探してみてください。

本製品は高価なので、誰にでもお勧めするものではありません。しかし、スピーカーに少しこだわってみることは、住環境が許す限り強くお勧めしたいと思っています。

created by Rinker
¥484,000 (2021/10/25 02:33:40時点 楽天市場調べ-詳細)

モノ

2021/1/27

AirPods Maxを有線接続する「Lightning - 3.5mmオーディオケーブル」

AirPods Maxをさらに活用するために 「AirPods Max」はBluetoothヘッドフォンですが、実は有線接続もできるのです。 ということで、AirPods Maxをヘッドフォン端子と有線接続する周辺機器「Lightning - 3.5mmオーディオケーブル」を購入しました。アップル純正です。 SATYOUTH  2 users2021.01.01「AirPods Max」レビュー:“持ち歩けるスピーカー”感覚で使っています。 AirPods MaxまたはBeats So ...

もっと読む

モノ

2020/12/26

無線充電のメリットって?アップル限定「ぜんぶ充電するマット」を使って感じたこと

iPhoneやAirPods Proなど、身の回りの多くのデバイスが無線充電に対応するようになりました。 しかしアップルが発売を予定していた「AirPower」(iPhone、AirPods、Apple Watchすべてを無線充電する周辺機器)が技術的問題から発売中止となるなど、いまだ無線充電は発展途上という印象。 僕はアップルのオフィシャルストア限定で販売されている「Native Union Drop XL Wireless Charging Pad」を使っていますが、現状ではこれがもっとも“「AirP ...

もっと読む

トラベル モノ

2021/8/3

EDC 2021年版。手ぶら時の持ち物が「iPhone 12 Pro」で減りました。

毎日持ち歩く、厳選された3アイテム iPhone 12 Proを購入して以来、毎日持ち歩くアイテム(EDC)が大きく変化しました。 もともと手ぶらで、持ち物は4つしかなかったのですが、3つあるいは3.5個まで絞ることができました。 1. iPhone 12 Pro & MagSafe レザーウォレット iPhone X以来3年ぶりにiPhoneを買い替えました。 もともと2007年のiPhone 3G以来、毎年買い替えていた“フリーク”だった僕も、近年はさすがにiPhoneについて冷め気味。しかし、さすが ...

もっと読む

AirPods Max Space Gray

モノ 音楽

2021/1/1

「AirPods Max」レビュー:“持ち歩けるスピーカー”感覚で使っています。

まさに“自宅用”に欲しかったヘッドフォン ギズモード・ジャパンでも書きましたが、アップル初のオーバーイヤーヘッドフォン「 ...

もっと読む

モノ 写真

2020/6/18

ライカQ2やMレンズをマクロレンズ化する「ライカ エルプロ 52」

“スマホ時代の最強カメラ”である「ライカQ2」をさらに便利にするアイテム。 以前紹介した通り「ライカQ2」は、ライカの中でも特に使いやすく超高画質のカメラです。 ライカ Q2 created by Rinker Leica ¥721,050 (2021/10/24 19:14:30時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 というのも、ライカを代表するカメラであるMシリーズは、マニュアルフォーカスのみ&基本的に最短撮影距離70cmということでかなり使用感にクセがありますが、 ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-カルチャー
-, , , , ,

Copyright© SATYOUTH , 2021 All Rights Reserved.