カルチャー ファッション

ラフシモンズ全開のコラボ。RAF SIMONS / THE XX「SET OF PATCHES」

ラフシモンズとThe xxのコラボレーションアイテム

RAF SIMONS / THE XX「SET OF PATCHES」

最近ファッションアイテムを紹介していなかったので、ラフシモンズとイギリスのバンドThe xxのコラボアイテム「SET OF PATCHES」をピックアップしてみようと思います。

これは2019年にリリースされたThe xxのファーストアルバム『The xx』の10周年を記念したコラボアイテム。

created by Rinker
Young Turks
¥1,217 (2020/07/10 08:24:01時点 Amazon調べ-詳細)

2009年作である『The xx』や、当時のバンドをセレブレートするパッケージとなっています。

ラフ・シモンズはカルヴァン・クライン時代にThe xxのMV「I Dare You」に関わるなどの親交もあり、バンド側から10周年のコラボを打診したそうです。

The xxのストアで2サイズ(5インチと12インチ)が限定販売され、価格はそれぞれ115ユーロ、135ユーロでした。

僕は12インチ版を購入し、レコードと並べて部屋に飾っています。

「SET OF PATCHES」パッケージ内容

ラフシモンズのロゴフォーマットで「RAF SIMONS / THE XX」とあしらわれた黒いボックスを開けると、そこには黒い包装に包まれたこれらのアイテムが入っています。

  • ピンズ(2個)
  • 布パッチ(5枚)

source: The xx

このイメージ写真のように、ピンズを使って布パッチで自分の洋服をカスタマイズするという発想のようです。

ここ最近のラフシモンズは自身のコレクションだけでなく、フレッドペリーとのコラボレーションにおいても、フルカラーのグラフィックを扱ったパッチ使いが特徴的。

カニエ・ウェストやドレイクらUSラッパーが着用したことから、ウェールズのバンドであるマニック・ストリート・プリーチャーズをモチーフとしたパッチ使いをしていた2001年のコレクションが伝説化&価格高騰しているように、近年は「ラフシモンズ=パッチ」というイメージが強まっている気がします。

RAF SIMONS / THE XXのダブルネームを象徴するピンズ

こちらがピンズ。厚手の黒い紙に2つ固定されています。

Xのかたちの真ん中にRS(RAF SIMONS)があしらわれており、ダブルネームを象徴するアイテムと言えるでしょう。

シルバーの縁取りと、漆のような光沢あるボディのブラックが、美しいコントラストを描いています。

アルバム『The xx』のアートワークを使った布パッチ

布パッチにはカラーのグラフィックプリントが施されています。

これらのグラフィックはいずれも2009年のアルバム『The xx』のアートワークから取られたもの。

布パッチその1

このグラフィックはシングル「Islands」のアートワークにも用いられています。

布パッチその2

人物のシルエットと、強くカラフルな光源。

布パッチその3

シングル「Crystalised」のアートワークにも使われたグラフィック。

先日シュプリームとのコラボレーションも行われた、マイ・ブラッディ・バレンタインの『ラブレス」ジャケットのような、“ビデオ感”がありますね。

布パッチその4

こちらもアルバムのアートワークより。

布パッチその5

同じくアルバムアートワークから。

今見ると、写真家・奥山由之さんの作品のようにも見えますね。

役に立たないモノが持つ、インスピレーション力

以上、RAF SIMONS / THE XX「SET OF PATCHES」とその中身を紹介しました。

ご覧の通り、決して役に立つアイテムではありません。

ファッションとしても、ファングッズとしても、なんとも絶妙なラインで、実際にこれを使って洋服をアレンジする人がいるかというと、多分ほとんどいないのではないかと思います。

でも、こうして撮影のために箱から取り出して眺めてみて、しみじみと「良いなー」と思いました。

何よりも、このような“あまり役に立たないもの”をしっかり企画して、クリエイティブに落とし込み、実現したというその事実がすばらしい。それをこうしてモノとして手に取ると、インスピレーションが湧いてきます。

モノって、やっぱり必要」そう思わされます。

created by Rinker
¥80,890 (2020/07/10 08:24:01時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Young Turks
¥1,217 (2020/07/10 08:24:01時点 Amazon調べ-詳細)

ゲーム

2020/5/3

「Nintendo Switch」がおもしろいのか、ゼルダの伝説がおもしろいのか

ゲーム離れして久しいのですが「Nintendo Switch」にはピンと来るものがあり、発売日に買いました。 同時購入のソフトは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と、『スーパーボンバーマン R』。 『ゼルダの伝説』を超えるソフトは出るのか? 『ゼルダの伝説』はさすがの任天堂クオリティーで、UI/UX的観点からみても体験すべき有益な一作(←こういう言い訳をしないとゲームで遊べない昨今…)。『ドラクエ1』〜『ドラクエ8』〜『ワンダと巨像』の系譜に連なる、冒険のワクワクと寂しさを味わえます。 あちこち ...

もっと読む

生活

2020/5/3

ボルネードの「サーキュレーター」は一年中活躍する“主役級”の家電

一年中QOLを上げてくれる家電 一年を通して常に大活躍する家電が「サーキュレーター」です。 これを「弱」で使うだけで、エアコンも空気清浄機も加湿器も除湿機も効きが段違い。 部屋の換気をしたいときは、窓を開けて外に向けてサーキュレーターを「強」運転し、空気清浄機も全開にすると、一瞬で部屋がリフレッシュされて爽快です。 壁や天井に当てるとちょうど良い微風が感じられるので、エアコンを使うほどでない梅雨や初夏の時期も気持ち良いです。 3000円くらいの安物は音がうるさいことが多く、結局買い換えたくなるので、最初か ...

もっと読む

健康 生活

2020/5/3

「ペリエ」を毎月100本飲んで減酒と節約を

自宅でのデスクワークが多いこともあり、飲み物の確保には気を使っています。 料理用やコーヒー用、冬場の白湯のためには防災も兼ねてサントリーの天然水を常備していますが、飲料用としては「ペリエ」の330ml缶を愛飲しています。 なんでもペリエは炭酸を後から添加したわけではない“天然の発泡水”だそうですが、単純に口当たりが他の炭酸水とくらべて心地よいところが気に入っています。 缶で買って、缶のまま飲む こだわりとしては、缶のものを買ってそのまま飲むということ。 だらだら飲んでも炭酸が抜けず、万が一こぼしても被害が ...

もっと読む

生活

2020/5/3

崎陽軒のシウマイ弁当…ではなく「横濱チャーハン」は見た目も美味しい

お昼にシウマイで有名な崎陽軒の「横濱チャーハン」を食べました。 シウマイも2個入っています。 食品サンプルと遜色ない盛り付けと彩りはさすがですね。 レタスとゆで卵、味噌汁と一緒にいただきました。 崎陽軒のシウマイレシピ70

もっと読む

カルチャー

2020/5/3

アップル「AirPods」は一度使うと戻れない快適さ

iPhone7でのステレオミニプラグ廃止により、半強制的に注目を集めることになったBluetoothイヤフォン。そんな潮流を強制的にリードするアップルによりリリースされた大本命が「AirPods」です。 https://www.youtube.com/watch?v=RdtHX15sXiU SILLYで「究極のiPhone用イヤフォンは? AirPods vs BeatsX」という記事を書きましたが、とにかく左右独立型というのは予想以上に快適。音質にも問題なく、なんだかんだ気に入って使っています。 正直、 ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-カルチャー, ファッション
-,

Copyright© SATYOUTH , 2020 All Rights Reserved.