写真

持ち歩ける太陽「Profoto B10 Plus」は写真&ビデオ撮影の強い味方

ポータブルかつパワフルなスタジオライト

僕がメインライトとして愛用している「Profoto B10 Plus」はモノブロックストロボと呼ばれるカテゴリの製品。

カメラ上部に取り付ける一般的なクリップオンストロボに対し、大型かつ大光量が特徴です。

source: Profoto

そのため、スタジオでの撮影に使われることが一般的なのですが、最近はバッテリー駆動するタイプが増えており、スタジオだけでなくライティングを作り込むタイプのロケ撮影にも使われています。

この「Profoto B10 Plus」もそんなバッテリー動作するタイプで「携帯性と大光量を両立した高性能バランスモデル」といった印象です。

スタジオ級の500W大光量をどこでも利用可能

「Profoto B10 Plus」最大の特徴は、500Wというスタジオライト級の大光量を、直径:10cm×長さ:23.5cmというコンパクトな筐体に収めたバランス感。

下位モデルの「Profoto B10」との大きな違いは250Wと500Wという出力にありますが、チャージングタイムの面では大きく「Profoto B10 Plus」に分があるため、どうしてもサイズダウンしたい場合を除けば、「Profoto B10 Plus」をおすすめします。

人物撮影をサクサクと進めたい場合などに、チャージングタイムの差が大きく出てきます。

バッテリーパックは有線で充電するタイプのため、撮影が3時間以上に及ぶ場合などは電源に差しっぱなしで使用することも可能です(1〜2時間程度の撮影でバッテリーが切れたことはありません)。

視認性が高く使いやすいインターフェース

スタジオライトはどうしても無機質な業務用チックになってしまいますが、そこはさすがProfoto。

「Profoto B10 Plus」のコントロール部は「A1」と共通する、大きくグラフィカルな表示が特徴。最小のボタンで自在にコントロールできるようになっています。

撮影時にいちばん確認したいパラメーターである「今どれだけの光量が設定されているか」が、遠くに設置していても、暗いスタジオに立てていても一目瞭然なのがすばらしいと思います。

LEDモデリングライトはビデオ撮影にも使える

source: Profoto

もう一つ「Profoto B10 Plus」で気に入っているのが、高機能なモデリングライト。

フラッシュ光がどのように広がりモデルに当たるのかを事前確認するためのモデリングライトですが、「Profoto B10 Plus」では自在に光量と色温度を設定できるんです。

これによって撮影時に簡易的な定常光として利用できるのはもちろん、シチュエーションによってはビデオ撮影時のメイン照明としても使えるレベル。

Profotoが用意している豊富なアタッチメントと組み合わせることもできるため、さらに表現の幅が広がります。

B10 PlusとA1を組み合わせて使用しています

僕はこの「Profoto B10 Plus」をアンブレラ等と組み合わせメインライトとして利用。

影の出方やハイライトを調整したい場合などは同社の「A1」を組み合わせることで、日々の撮影を行っています。

共通のインターフェースが搭載されておりシームレスに利用できるので、現場でのトラブルが少ないのも魅力的です。

ひとつあれば写真の可能性が広がるストロボ「Profoto A1」

「自然光でしか撮らない」なんて言わずに、試してみることをおすすめします。 当初このブログメディア「SATYOUTH.CO ...

続きを見る

created by Rinker
プロフォト
¥124,193 (2020/08/10 13:52:31時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもしっかりポータブル仕様

「Profoto B10 Plus」は本体や取付マウント、充電アダプター等のセット一式が、セミハードケースに収めたかたちで販売されています。

つまり、このセミハードケースがあれば「Profoto B10 Plus」一式を持ち歩けるということ。

パーツを分割して持ち歩くのは紛失や忘れ物の原因となりますので、オールインワンで持ち歩ける設計もさすがProfotoだと感じます。

created by Rinker
Profoto
¥624,815 (2020/08/10 13:52:33時点 Amazon調べ-詳細)

ゲーム

2020/5/3

「Nintendo Switch」がおもしろいのか、ゼルダの伝説がおもしろいのか

ゲーム離れして久しいのですが「Nintendo Switch」にはピンと来るものがあり、発売日に買いました。 同時購入のソフトは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と、『スーパーボンバーマン R』。 『ゼルダの伝説』を超えるソフトは出るのか? 『ゼルダの伝説』はさすがの任天堂クオリティーで、UI/UX的観点からみても体験すべき有益な一作(←こういう言い訳をしないとゲームで遊べない昨今…)。『ドラクエ1』〜『ドラクエ8』〜『ワンダと巨像』の系譜に連なる、冒険のワクワクと寂しさを味わえます。 あちこち ...

もっと読む

生活

2020/5/3

ボルネードの「サーキュレーター」は一年中活躍する“主役級”の家電

一年中QOLを上げてくれる家電 一年を通して常に大活躍する家電が「サーキュレーター」です。 これを「弱」で使うだけで、エアコンも空気清浄機も加湿器も除湿機も効きが段違い。 部屋の換気をしたいときは、窓を開けて外に向けてサーキュレーターを「強」運転し、空気清浄機も全開にすると、一瞬で部屋がリフレッシュされて爽快です。 壁や天井に当てるとちょうど良い微風が感じられるので、エアコンを使うほどでない梅雨や初夏の時期も気持ち良いです。 3000円くらいの安物は音がうるさいことが多く、結局買い換えたくなるので、最初か ...

もっと読む

健康 生活

2020/5/3

「ペリエ」を毎月100本飲んで減酒と節約を

自宅でのデスクワークが多いこともあり、飲み物の確保には気を使っています。 料理用やコーヒー用、冬場の白湯のためには防災も兼ねてサントリーの天然水を常備していますが、飲料用としては「ペリエ」の330ml缶を愛飲しています。 なんでもペリエは炭酸を後から添加したわけではない“天然の発泡水”だそうですが、単純に口当たりが他の炭酸水とくらべて心地よいところが気に入っています。 缶で買って、缶のまま飲む こだわりとしては、缶のものを買ってそのまま飲むということ。 だらだら飲んでも炭酸が抜けず、万が一こぼしても被害が ...

もっと読む

生活

2020/5/3

崎陽軒のシウマイ弁当…ではなく「横濱チャーハン」は見た目も美味しい

お昼にシウマイで有名な崎陽軒の「横濱チャーハン」を食べました。 シウマイも2個入っています。 食品サンプルと遜色ない盛り付けと彩りはさすがですね。 レタスとゆで卵、味噌汁と一緒にいただきました。 崎陽軒のシウマイレシピ70

もっと読む

カルチャー

2020/5/3

アップル「AirPods」は一度使うと戻れない快適さ

iPhone7でのステレオミニプラグ廃止により、半強制的に注目を集めることになったBluetoothイヤフォン。そんな潮流を強制的にリードするアップルによりリリースされた大本命が「AirPods」です。 https://www.youtube.com/watch?v=RdtHX15sXiU SILLYで「究極のiPhone用イヤフォンは? AirPods vs BeatsX」という記事を書きましたが、とにかく左右独立型というのは予想以上に快適。音質にも問題なく、なんだかんだ気に入って使っています。 正直、 ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-写真
-, , ,

Copyright© SATYOUTH , 2020 All Rights Reserved.