アップル純正32インチ6Kディスプレイ「Pro Display XDR」を1ヶ月使って。

Pocket


アップル純正ディスプレイ「Pro Display XDR」の標準ガラスモデルを購入しました。

数年ぶりに発売されたアップル純正ディスプレイで、ソニーの数百万円するマスターモニターに匹敵するスペックを税別529,800円で実現したことから、一部では「破格」「ゲームチェンジャー」と称賛されている話題の製品です。

2019年12月に手元に届いて以来、現在のメインマシンであるMacBook Pro 15インチ(2018)のフルスペックモデルと接続して使用していますが、熱暴走などもなく快適に動作しています。

ネット上のレビューなどを読む限り、さすがにソニーのマスターモニターにはLED制御の面などで劣るようですが、優れた色調表現や暗部の見やすさなどから、仕事や個人プロジェクトでのRAW現像にとても役立っています。

そうした表示クオリティーとは別に気に入っているのが、32インチという作業領域がもたらす効率性。これは一度体験したら戻れないレベルだとも感じています。

一般的にこうした大型ディスプレイは、グラフィックデザインや動画編集、RAW現像等のクリエイティブワーク専門の機材だというイメージがあると思います。しかし、作業領域の拡大はGoogleドライブやスプレッドシート等を活用したデータ納品、Excelなどでの請求書作成など、(面倒な)事務作業にも大きな快適性やスピード感をもたらしてくれました。

そしてもう一つ大きな恩恵が、Netflix等での映画やドラマ視聴が非常にハイクオリティーという点です。眼前に設置した32インチとモニタースピーカーで映画を鑑賞していると、まるで編集後の確認、あるいは納品前の最終チェックをしている気分に(笑)

もちろん、いくらNetflixの4K動画といえども、このディスプレイで観ると暗部表現等に圧縮の弊害を感じる場面はありますが、まあそれは仕方ないでしょう。

本体だけで税込60万円弱、別売スタンドで12万円弱という非常に高価な買い物でしたが、とても満足しています。

アップル Pro Display XDR