未分類

使う人を選ぶアップル製品。iPad Pro「Magic Keyboard」

11インチiPad Pro用のMagic Keyboardを購入しました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥41,920 (2022/10/04 15:49:32時点 Amazon調べ-詳細)

第一印象は「重い!」

ヤマトの配達員の方から箱を受け取った瞬間に驚く、重さ。

その重量は約600グラム。11インチiPad Pro本体が約470グラムですので、本体より約130グラム重い計算となります。その分、キーボード部分はしっかりとした厚みがあり、よく言えば剛性感があります。

シングルカメラの第1世代iPad Proに装着すると、カメラ部分はちょっとスカスカになります。

キータッチは良好。でも気になる点も

バックライトキーボードは、キーの運びが1mmあるシザー型を採用。16インチMacBook Pro以降の製品ですので、今後のアップル製キーボードのスタンダードと言えるでしょう。個人的にはバタフライ型の方が好きなのですが、それでもキータッチは良好です。

ただ、良くも悪くも“普通のキーボード”となっているため、隙間に水が入ると多分壊れます。従来の「Smart Keyboard Folio」のようにラフに扱うことはできなくなりました。

11インチで使うには小さいかも

そして気になるのがトラックパッドの小ささ。

横幅は問題ないのですが、縦が狭すぎて結構ストレス。この辺は12.9インチiPad Proに新たな魅力が加わったとも捉えられそうです。

もちろん、その分重くなりますが。

本当に必要なのかよく考えよう

Magic Keyboard」は、かなり使う人を選ぶアイテムです。

これをiPad Proにつけると「お仕事」感が一気に強まります。昔のマイクロソフトっぽいというか、サードパーティー製品っぽさが出るというか、正直なところテンション下がる感じは否めません。

それと同時に一気に重量が増すため、iPadのあの軽快感も完全に消し飛びます。

「iPadで仕事するという未来感を得たいならいいけど、この重さならMacBook Airで良くない? むしろiPadで仕事するにも、基本Smart Keyboard Folioで十分じゃない?」なんて思ってしまう部分も…。

このパッケージデザインも、アップルにしてはタイポグラフィがちょっと間抜けというか「あくまでビジネス向けのオプションです」と訴えているように見えませんか?

もちろん、この「Magic Keyboard」を使うことで確実に得られるものはあります。しかし、その分失うものも非常に大きいです。

自分がiPad Proに何を求めているのか。それによって大きく価値が変わるアイテムだと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥41,920 (2022/10/04 15:49:32時点 Amazon調べ-詳細)

モノ 音楽

2020/6/10

定番フォノイコライザー「AT-PEQ3」を、テクニクス「SL-1200」のお供に愛用しています

目次 アナログレコード用のロングセラー製品 高価なDJミキサーより音が良い? アナログレコード用のロングセラー製品 最近のレコードプレーヤーは、RCA(赤白)ケーブルやステレオミニプラグでそのままスピーカーに接続できるばかりか、Bluetoothを内蔵しているものも増えています。 しかしテクニクスの定番ターンテーブル「SL-1200」シリーズは、フォノイコライザーと呼ばれる機械、あるいはフォノイコライザーを内蔵したミキサーやアンプを通さなければスピーカーから音を出すことができません。 そこで僕が使用してい ...

もっと読む

モノ 音楽

2020/6/9

レコード針の選び方。DJ用ではなくオーディオ用ナガオカ「MP-150」を愛用する理由

レコードを聴くには「針(カートリッジ)」が必要 レコードを聴くためのプレーヤーとして、テクニクス「SL-1200MK6」を愛用していることを先日紹介しました。 しかし、「SL-1200MK6」だけでレコードを聴くことはできません。 必要なものがすべて揃ったオールインワンのプレーヤーもありますが、「SL-1200MK6」の場合は針(カートリッジ)、フォノイコライザー、スピーカーをそれぞれ用意しなければいけないのです。 この記事では、レコード針の選び方を解説し、僕が愛用している高音質かつオールジャンルに対応し ...

もっと読む

モノ 写真

2020/5/23

世界でいちばん人気のフィルムカメラ「CONTAX T3」レビュー

写真家やセレブが愛用している人気フィルムカメラ 2010年代中盤から2020年現在にかけ、フィルムカメラブームが世界的に到来しています。 おそらくはインスタグラムのフィルターから始まり、VSCOによるフィルムシミュレーションを経由して、本物であるフィルムに広がっていったムーブメントではないかと思います。 note(ノート)365日ライカ:016 「フィルム風」はただの流行か?|#365leica|note そんなフィルムカメラブームの最高峰に位置するのが「CONTAX T3」。 この記事では、僕が愛用して ...

もっと読む

モノ 生活

2021/1/6

ダイソンの高級ドライヤー「Dyson Supersonic ionic」はコスパの塊。

噂のドライヤーを購入しました 「ダイソンのドライヤー『Dyson Supersonic ionic』が良いらしい」とは聞いていたのですが、約5万円の値段になかなか手が出ませんでした。しかし、昨年思い切って購入。 それから数ヶ月利用していますが、結論から言うと本当によかったです。 マジメな話、もはやダイソンについて「掃除機じゃなく、ドライヤー会社なのでは?」と思っているくらいです。 メリットその1:とにかく乾くのが早い 何が良いかというと、とにかく乾くのが早い。 強烈な風が塊になって出てくるイメージで、おも ...

もっと読む

モノ 健康 生活

2021/1/3

ホットクック良すぎて追加購入。2台使いは便利です。

ホットクックは自然と2台欲しくなる 1人暮らし用サイズが出たことや、外出自粛要請が出たことから大人気となった「ホットクッ ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-未分類
-, , , , ,

Copyright© SATYOUTH , 2022 All Rights Reserved.