未分類

毎日手ぶら。2020年も変わらぬ4つだけの持ち物

このブログメディア「SATYOUTH.COM」で一番の人気記事が「手ぶらが基本。毎日の持ち物は4つに収めます。」というEDC紹介記事。

当時2017年でしたので、そろそろ2020年4月の最新版を紹介したいと思います。

ほぼ変わらないポケットに収まる4つのアイテム

1. iPhone X 256GB SIMフリーモデル

スマートフォンがiPhone 7からiPhone Xになりました。iPhone XSもiPhone 11 Proもスルーしてしまい、もう3年近く使用しています。

ギズモード・ジャパンに寄せた「スティーブ・ジョブズとジョナサン・アイヴの夢は、永遠の環の中に完結した。iPhone 11に寄せて」という文章の中でも触れていますが、明らかにiPhone Xから商品の長寿命化が進み、これといった不満がありません。とはいえ、さすがに長く使いすぎている気がするので、iPhone 12 Proが出たら買い換える予定です。

相変わらずSIMフリーモデルを購入し、ドコモ回線のLINEモバイルを使い続けています。回線速度的に不満な時期もありましたが、最近はLINEモバイルで何ら不便ありません。

2. カードケース

こちらでも紹介していますが、引き続き同じA.P.C.のカードケースを利用しています。ジーンズの前ポケットに入るので紛失するリスクもほとんどなく安心です。お尻のポケットに入れていると、座るときについテーブルの上に置いちゃったりしますからね。現金は緊急用として1万円札を1〜5枚程度折りたたんで入れています。

3. 鍵

家の鍵です。紫のやつは24時間営業ジムの鍵です。

4. AirPods Pro

AirPodsも3代目。ランニング中に使っていると1年程度で買い替える必要がある印象です。Proになってから防滴性が上がったそうですが、果たして。このAirPods Proは発表された瞬間に詳細も見ずに注文しましたが、大満足。飛行機に乗るときに使っていたソニーのノイズキャンセリングヘッドフォンは、自宅でゲームをするときにしか使わなくなりました。

仕事のときはサコッシュにiPad Pro

基本的に自宅で仕事をしていますが、取材やMTGのために出かける時はiPad Pro(必要に応じて名刺入れとICレコーダー)が持ち物に加わるイメージです。

慣れた人とのお仕事の場合は手ぶらのままで、メモもiPhoneで行いますが、初対面の方が相手の場合はやる気がないと誤解されてしまわないようSmart Keyboard FolioをつけてiPadでメモしています。お作法、ですね。

カメラを身につけるようになった

これは持ち物という認識ではないのですが、大きな変化としてはカメラを身につけるようになったことが挙げられます。

これまでカメラは仕事用として使っていて、プライベートで持ち歩くことはあまりありませんでした。

しかし、ふとGRIIを購入して以来カメラを常に首からぶら下げるようになり、現在はライカM10-Pを毎日身につけています。

それと同時に、従来行っていたカメラマンとしてだけではなく、写真家としての活動も始めています。その一環といわけではないですが、先日「365日ライカ」というnoteをスタートさせていますので、よかったらご覧ください。

モノ 音楽

2020/6/8

レコードを聴くなら“最強の定番”プレーヤー「SL-1200MK6」がおすすめ

まっさきにおすすめしたいレコードプレーヤー ”レコードブーム”と言われるようになり、もはや10年以上が経過している気がし ...

もっと読む

モノ 健康 生活

2020/6/25

浄水器を約3ヶ月使って感じた意外なメリット

浄水器3ヶ月使って感じたメリット&デメリット Amazonでクリンスイの浄水器「MD101-NC」を購入して、約3ヶ月が経ちました。 思った通りのメリットはもちろん、予想外の利点の発見、そしてデメリットの気づきなどありましたので、3ヶ月間浄水器を使ってみての感想をご紹介します。 目次 メリット1:水の在庫を気にしなくていい メリット2:料理にミネラルウォーターを使う罪悪感がなくなる メリット3(重要):ゴミが劇的に減る デメリット:浄水器本体が洗い物に邪魔 結論:3ヶ月目の時点では大満足 メリット1:水の ...

もっと読む

モノ 音楽

2020/6/9

レコード針の選び方。DJ用ではなくオーディオ用ナガオカ「MP-150」を愛用する理由

レコードを聴くには「針(カートリッジ)」が必要 レコードを聴くためのプレーヤーとして、テクニクス「SL-1200MK6」を愛用していることを先日紹介しました。 しかし、「SL-1200MK6」だけでレコードを聴くことはできません。 必要なものがすべて揃ったオールインワンのプレーヤーもありますが、「SL-1200MK6」の場合は針(カートリッジ)、フォノイコライザー、スピーカーをそれぞれ用意しなければいけないのです。 この記事では、レコード針の選び方を解説し、僕が愛用している高音質かつオールジャンルに対応し ...

もっと読む

モノ 音楽

2020/6/10

定番フォノイコライザー「AT-PEQ3」を、テクニクス「SL-1200」のお供に愛用しています

目次 アナログレコード用のロングセラー製品 高価なDJミキサーより音が良い? アナログレコード用のロングセラー製品 最近のレコードプレーヤーは、RCA(赤白)ケーブルやステレオミニプラグでそのままスピーカーに接続できるばかりか、Bluetoothを内蔵しているものも増えています。 しかしテクニクスの定番ターンテーブル「SL-1200」シリーズは、フォノイコライザーと呼ばれる機械、あるいはフォノイコライザーを内蔵したミキサーやアンプを通さなければスピーカーから音を出すことができません。 そこで僕が使用してい ...

もっと読む

モノ 生活

2021/1/2

小さな革命。無印良品の「スモールバスタオル」は満足感と効率化を両立

“サイズ感”が生む生活の豊かさ たかがタオルですが、生活の中での存在感は小さくありません。 ミニマリスト界隈では「バスタオルじゃなくてハンドタオルでじゅうぶん」という意見を見かけますが、僕は絶対にバスタオル派です。その理由は、風呂上がりにふかふかのタオルで身体を包む感覚が好きだから。ハンドタオルでは水滴を拭き取ることはできても、気持ち良くないんですよね。 (そもそもミニマリストというわけではないのですが)「基本的には効率を突き詰めつつも、好きなことや気持ち良さを犠牲にはしたくない」というのが僕のスタンスで ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-未分類
-, , , , , ,

Copyright© SATYOUTH , 2021 All Rights Reserved.