仕事効率化 健康 生活

まずコレを導入して欲しい。自宅の快適性を底上げする家電「サーキュレーター」はボルネードがおすすめ

サーキュレーターは家電のポテンシャルを引き出す家電

僕はフリーランスとして自宅で仕事をする時間が長いため、仕事場としての部屋の快適性にはこだわています。

そんな長年の経験で感じているのは「部屋の空気は、快適性に直結する」ということ。空気のコンディションによって集中力、持続力、そして何より体調が変わってきます。

そんな部屋の空気づくりのキーアイテムが「サーキュレーター」です。

以前、“一年を通して常に大活躍する家電”として「ボルネードのサーキュレーター」を紹介しましたが、僕はサーキュレーターを一年中ほぼずっと電源ON状態で使っています。

つい先日、新品に買い換えたので、あらためてサーキュレーターがどんな製品か、そのメリットやデメリットを詳しく紹介しようと思います。

created by Rinker
Vornado(ボルネード)
¥8,400 (2020/10/29 10:54:35時点 Amazon調べ-詳細)

サーキュレーターのメリット&デメリット

サーキュレーターのメリット👍

  • 夏も冬も、エアコンの効きが良くなる
  • 快適な空気づくりに。空気清浄機の効きが良くなる
  • ジメジメ&乾燥を解決。除湿機&加湿器の効きが良くなる
  • 春や梅雨に。そよ風を感じて快適性アップ

サーキュレーターのデメリット👎

  • 安物を使うと静音モードでもうるさい
  • 定期的なメンテナンスが必要

空気を循環させると部屋が快適になる理由

サーキュレーターでできることは、究極的にはただ一つ「空気を循環させる」ことです。

先ほど、以下4点をメリットとして紹介しました。

  • 夏も冬も、エアコンの効きが良くなる
  • 快適な空気づくりに。空気清浄機の効きが良くなる
  • ジメジメ&乾燥を解決。除湿機&加湿器の効きが良くなる
  • 春や梅雨に。そよ風を感じて快適性アップ

どれも魅力的なメリットですが、すべて「空気を循環させる」ということで得られる利点です。

source: VORNADO

この図の通り、サーキュレーターとは、強力な風を生み出して部屋の壁に当てて、空気を循環させる家電。

これによって何が起こるのかというと、部屋の空気の質(温度や湿度)が均一に近づいていくんです。

一般的に、暖かい空気は部屋の上部に、冷たい空気は床の方に溜まる傾向がありますが、サーキュレーターはこれらをかき混ぜて均一化してくれるというわけです。

要するに「サーキュレーターを使うと、エアコンの設定温度が控えめでOK」ということに。また快適な温度に近づく時間も短くなります。

そして、サーキュレーターのメリットは気温だけではありません。

「空気清浄機の近くだけきれいな空気になる」「加湿器の近くだけ潤っている」「除湿機の近くだけカラッとしている」といったありがちな問題も、空気の循環が解決してくれます。

created by Rinker
Vornado(ボルネード)
¥8,400 (2020/10/29 10:54:35時点 Amazon調べ-詳細)

サーキュレーターの使い方:応用編

source: 無印良品

朝の仕事はじめに「強運転」でパワフル換気

僕は普段サーキュレーターを静音モード(一番弱い運転)で使っています。

しかし、部屋の換気をしたいときは「強」が役立ちます。

強力なうねりを持った直進性の強い風が出るため、窓を開けて外に向けてサーキュレーターを設置すると一気に部屋の空気が屋外に排出され、別の窓から外の新鮮な空気が部屋の中に入ってきます。

こうして、僕は朝の仕事はじめ前、まるで儀式のように換気をするようにしています。

無印良品の空気清浄機のジェットモードを組み合わせると、部屋中に風が吹いてテンションも上がりますよ。

梅雨や初夏、就寝時などに、快適な風を感じられる

デスクワークをする際、机の近くの壁や天井にサーキュレーターを向けると、ちょうど良い微風が感じられるようになります。

これによってエアコンを使うほどでない梅雨や初夏の時期も、ベタベタした空気が肌にまとわりつくことなく、気持ち良く過ごせます。

就寝時の寝苦しさ解消にも役立ちますよ。

ボルネードのサーキュレーターを選ぶ理由

さて、ここまでサーキュレーター一般の特徴やメリットを紹介してきましたが、どんなサーキュレーターを選んでもいいのかというと、そうではありません。

特に自宅で利用する場合、デメリットとして挙げた「安物を使うと静音モードでもうるさい」という点を甘く見ると痛い目に遭います。

僕自身、当初は3000円くらいの安いサーキュレーターを導入したのですが、とにかく静音モードでも音が不快でした。音量の大きさだけでなく、微妙に耳につく低音が含まれていて、気になって仕方なかったのです。

サーキュレーターの基本的な使い方は「静音モードでつけっぱなし」ですので、音には気を使いたいところです。

その点、ボルネードはサーキュレーターの代表的メーカーだけあって、クオリティーは間違いありません。

風の直進性やパワフルさはもちろんですが、しっかりと音響にも気を遣っている印象です。

僕が使っているモデルは中央のON/OFFダイヤルで3段階の風量調整できますが、基本的に最弱で運転させて使っています。

安心のために、異音がしたら買い替えよう

このようにサーキュレーターは本当におすすめの家電です。

ボルネードのサーキュレーターでも、ワンルーム用なら1万円もかかりません。それで一年中部屋の快適性を上げてくれると考えれば、間違いなく好コスパ製品と言えます。

ただし注意したいのは、一年中つけっ放しがデフォルトとなるため、正常に運転しているかどうかをチェックする必要があるという点。

定期的に掃除機でホコリを取るのはもちろんですが、運転時に異音がするようになった場合は、安全のためにも躊躇なく買い替えましょう。

僕はほぼ常に運転させて使っており、2年に1回は買い替えしています。

created by Rinker
Vornado(ボルネード)
¥8,400 (2020/10/29 10:54:35時点 Amazon調べ-詳細)

ゲーム

2020/5/3

「Nintendo Switch」がおもしろいのか、ゼルダの伝説がおもしろいのか

ゲーム離れして久しいのですが「Nintendo Switch」にはピンと来るものがあり、発売日に買いました。 同時購入のソフトは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と、『スーパーボンバーマン R』。 『ゼルダの伝説』を超えるソフトは出るのか? 『ゼルダの伝説』はさすがの任天堂クオリティーで、UI/UX的観点からみても体験すべき有益な一作(←こういう言い訳をしないとゲームで遊べない昨今…)。『ドラクエ1』〜『ドラクエ8』〜『ワンダと巨像』の系譜に連なる、冒険のワクワクと寂しさを味わえます。 あちこち ...

もっと読む

生活

2020/5/3

ボルネードの「サーキュレーター」は一年中活躍する“主役級”の家電

一年中QOLを上げてくれる家電 一年を通して常に大活躍する家電が「サーキュレーター」です。 これを「弱」で使うだけで、エアコンも空気清浄機も加湿器も除湿機も効きが段違い。 部屋の換気をしたいときは、窓を開けて外に向けてサーキュレーターを「強」運転し、空気清浄機も全開にすると、一瞬で部屋がリフレッシュされて爽快です。 壁や天井に当てるとちょうど良い微風が感じられるので、エアコンを使うほどでない梅雨や初夏の時期も気持ち良いです。 3000円くらいの安物は音がうるさいことが多く、結局買い換えたくなるので、最初か ...

もっと読む

健康 生活

2020/5/3

「ペリエ」を毎月100本飲んで減酒と節約を

自宅でのデスクワークが多いこともあり、飲み物の確保には気を使っています。 料理用やコーヒー用、冬場の白湯のためには防災も兼ねてサントリーの天然水を常備していますが、飲料用としては「ペリエ」の330ml缶を愛飲しています。 なんでもペリエは炭酸を後から添加したわけではない“天然の発泡水”だそうですが、単純に口当たりが他の炭酸水とくらべて心地よいところが気に入っています。 缶で買って、缶のまま飲む こだわりとしては、缶のものを買ってそのまま飲むということ。 だらだら飲んでも炭酸が抜けず、万が一こぼしても被害が ...

もっと読む

生活

2020/5/3

崎陽軒のシウマイ弁当…ではなく「横濱チャーハン」は見た目も美味しい

お昼にシウマイで有名な崎陽軒の「横濱チャーハン」を食べました。 シウマイも2個入っています。 食品サンプルと遜色ない盛り付けと彩りはさすがですね。 レタスとゆで卵、味噌汁と一緒にいただきました。 崎陽軒のシウマイレシピ70

もっと読む

カルチャー

2020/5/3

アップル「AirPods」は一度使うと戻れない快適さ

iPhone7でのステレオミニプラグ廃止により、半強制的に注目を集めることになったBluetoothイヤフォン。そんな潮流を強制的にリードするアップルによりリリースされた大本命が「AirPods」です。 https://www.youtube.com/watch?v=RdtHX15sXiU SILLYで「究極のiPhone用イヤフォンは? AirPods vs BeatsX」という記事を書きましたが、とにかく左右独立型というのは予想以上に快適。音質にも問題なく、なんだかんだ気に入って使っています。 正直、 ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-仕事効率化, 健康, 生活
-, , ,

Copyright© SATYOUTH , 2020 All Rights Reserved.