健康

体重計にWi-Fiなんて…必要かも。スマート体重計「Body Cardio」

「体重計にWi-Fiなんて必要ないだろ」と思っていました。

冷蔵庫やヘルシオなど、あらゆる家電にWi-Fiが搭載され始めている昨今ですが、基本どれも“蛇足”という印象。

このWi-Fi搭載の体重計についても同様の印象を持っていたのですが、Apple WatchをつけてiPhone純正アプリ「ヘルスケア」を使い始めた途端にその印象は反転。毎日の記録/データ蓄積がものを分野ということもあり、ほぼ迷うことなく購入するに至りました。

乗るだけで体重管理

このスマート体重計「Body Cardio」の何が便利かというと、とにかく“乗るだけ”ということ。

体重計に乗れば自動的に測定スタート。Wi-Fi経由でサーバーに計測データがアップされ、専用iPhoneアプリ「Withings」を通して「ヘルスケア」にデータが集約されます。

毎日使うものですから、いちいちメモする手間が省けるのは非常に快適。

こういう“使っていることを意識しないテクノロジー”こそが未来だと思います。

すべての機械/家電はコンピューター化する

そしてもう一つおもしろいのが、USB給電で充電するということ。5時間の充電で約1年ほど使用できるそう。

先日紹介したソニーのミラーレス一眼「α7R II」もそうですが、従来そうではなかった電化製品をUSBで充電していると、“家電や機械というよりもコンピューター”という感じで、時代の変化を感じます。

最近Amazonで大幅に値下がりしているようですので、それも含めておすすめです。

Withings スマート体重計 Body Cardio

モノ 写真

2020/5/23

「CONTAX T3」を修理に出し、リペアセンター諏訪から返ってきました

目次 フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」の修理理由:フィルムの巻き上げ不具合 リペアセンター諏訪に修理依頼してからの流れ 「CONTAX T3」修理の見積内容と作業内容 修理内容はバッチリ&点検も丁寧でした 「CONTAX T3」の修理価格 すでに欠品パーツあり。できるだけ長く修理対応して欲しい フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」はおそらく現在もっとも人気があるフィルムカメラです。 フランク・オーシャン、ソフィア・コッ ...

もっと読む

モノ 仕事効率化

2020/5/22

編集者・ライターが持ち歩く、無印良品「透明ガジェットポーチ」とその中身

編集者・ライターが持ち歩くガジェット小物を紹介 僕は普段、編集者・ライター、そしてフォトグラファーとして仕事をしています。 この記事では、フォトグラファーではなく、編集者・ライターとしての仕事の際に持ち歩いているガジェットポーチと、その中身であるガジェット小物類をご紹介します。 目次 ガジェットポーチは無印良品のクリアケース 2台のICレコーダー Ankerの小型充電器「PowerPort Atom III slim」 アップル「USB-C電源アダプタ」 2本の充電用USB-Cケーブル 2本のアップル純正 ...

もっと読む

AirPods Max Space Gray

モノ 音楽

2021/1/1

「AirPods Max」レビュー:“持ち歩けるスピーカー”感覚で使っています。

まさに“自宅用”に欲しかったヘッドフォン ギズモード・ジャパンでも書きましたが、アップル初のオーバーイヤーヘッドフォン「 ...

もっと読む

モノ

2020/12/26

無線充電のメリットって?アップル限定「ぜんぶ充電するマット」を使って感じたこと

iPhoneやAirPods Proなど、身の回りの多くのデバイスが無線充電に対応するようになりました。 しかしアップルが発売を予定していた「AirPower」(iPhone、AirPods、Apple Watchすべてを無線充電する周辺機器)が技術的問題から発売中止となるなど、いまだ無線充電は発展途上という印象。 僕はアップルのオフィシャルストア限定で販売されている「Native Union Drop XL Wireless Charging Pad」を使っていますが、現状ではこれがもっとも“「AirP ...

もっと読む

モノ 音楽

2020/6/10

定番フォノイコライザー「AT-PEQ3」を、テクニクス「SL-1200」のお供に愛用しています

目次 アナログレコード用のロングセラー製品 高価なDJミキサーより音が良い? アナログレコード用のロングセラー製品 最近のレコードプレーヤーは、RCA(赤白)ケーブルやステレオミニプラグでそのままスピーカーに接続できるばかりか、Bluetoothを内蔵しているものも増えています。 しかしテクニクスの定番ターンテーブル「SL-1200」シリーズは、フォノイコライザーと呼ばれる機械、あるいはフォノイコライザーを内蔵したミキサーやアンプを通さなければスピーカーから音を出すことができません。 そこで僕が使用してい ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-健康
-, ,

Copyright© SATYOUTH , 2021 All Rights Reserved.