写真

現代カメラの最適解か? ソニー「α7S」

UPDATE:2020年最新レビューを追加しました

ソニー「初代α7S」は2020年も使える“現役ミラーレスカメラの名機”

2020年の視点から見る「ソニーα7S」 昨年2019年に、2014年発売のデジタルカメラ「ソニーα7S(以下a7S): ...

続きを見る

大型化するミラーレスカメラに違和感

先日「α7RIII」を手放した旨を書きました。

その大きな理由は、大型化したボディや大容量データ等による“取り回しの悪さ”と、それによる“ワクワクの欠如”。

せっかくミラーレス化によって小型軽量化できたはずなのに、いつのまにか大きく重く“一眼レフ化”してしまったという印象なのです。

もちろんEVFなどのメリットは健在ではありますが、単純にどうにもワクワクしない。初めは“気軽にぶん回せる高画素機”という未来感にドキドキしましたが、GR IIを購入して以来、仕事以外ではほぼ使わなくなってしまいました。

再評価の波が来ている「a7S」に注目

そこで新しく購入したのが「α7S」。2014年発売の初代です。

決め手は「軽量・コンパクト」「階調の美しさ」「高感度性能」。画素数こそ落ちますが、それもひっくるめ、Webメディアへの掲載が主な用途である自分にとっては「最適解」だと感じました

そして、実は2018年、あえて「α7S」を購入した方々や、あらためて再評価する動きが自分の観測範囲内で目立っていました。

PHOTO YODOBASHI 忘れ得ぬ名機たち Vo.2

An Ordinary Life Sony α7s (ILCE-7S)を手に入れた

フイルム写真よ、さようなら#9 「カメラは、もう、買わない、だってソニーA7Sがあるから」

α7Sという最強のカメラについて

こうした方々の強烈な愛情も決め手の一つ…いや、かなり重要なポイントでした。

早速いくつかの撮影仕事で導入しておりますので、使用感などについてはまた後日ご紹介しようと思います。

UPDATE:最新レビューを追加しました

ソニー「初代α7S」は2020年も使える“現役カメラ”

UPDATE:ライカのアポズミクロンをa7Sで使ってみました

created by Rinker
¥169,803 (2020/08/06 21:16:23時点 楽天市場調べ-詳細)

モノ 仕事効率化 音楽

2020/5/30

音楽&映像配信、Web会議に。「コンデンサーマイク」はひとつ持っておくと便利な“万能ツール”

マイクは新たな時代の“三種の神器”の一つ ZOOMなどのツールを活用したビデオ会議がすっかり一般化しました。 僕は編集者 ...

もっと読む

モノ 写真

2020/5/23

「CONTAX T3」を修理に出し、リペアセンター諏訪から返ってきました

目次 フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」の修理理由:フィルムの巻き上げ不具合 リペアセンター諏訪に修理依頼してからの流れ 「CONTAX T3」修理の見積内容と作業内容 修理内容はバッチリ&点検も丁寧でした 「CONTAX T3」の修理価格 すでに欠品パーツあり。できるだけ長く修理対応して欲しい フィルムカメラ「CONTAX T3」を修理に出しました 「CONTAX T3」はおそらく現在もっとも人気があるフィルムカメラです。 フランク・オーシャン、ソフィア・コッ ...

もっと読む

モノ 音楽

2020/6/8

レコードを聴くなら“最強の定番”プレーヤー「SL-1200MK6」がおすすめ

まっさきにおすすめしたいレコードプレーヤー ”レコードブーム”と言われるようになり、もはや10年以上が経過している気がし ...

もっと読む

モノ 仕事効率化

2020/5/22

編集者・ライターが持ち歩く、無印良品「透明ガジェットポーチ」とその中身

編集者・ライターが持ち歩くガジェット小物を紹介 僕は普段、編集者・ライター、そしてフォトグラファーとして仕事をしています。 この記事では、フォトグラファーではなく、編集者・ライターとしての仕事の際に持ち歩いているガジェットポーチと、その中身であるガジェット小物類をご紹介します。 目次 ガジェットポーチは無印良品のクリアケース 2台のICレコーダー Ankerの小型充電器「PowerPort Atom III slim」 アップル「USB-C電源アダプタ」 2本の充電用USB-Cケーブル 2本のアップル純正 ...

もっと読む

モノ 写真

2020/5/23

世界でいちばん人気のフィルムカメラ「CONTAX T3」レビュー

写真家やセレブが愛用している人気フィルムカメラ 2010年代中盤から2020年現在にかけ、フィルムカメラブームが世界的に到来しています。 おそらくはインスタグラムのフィルターから始まり、VSCOによるフィルムシミュレーションを経由して、本物であるフィルムに広がっていったムーブメントではないかと思います。 note(ノート)365日ライカ:016 「フィルム風」はただの流行か?|#365leica|note そんなフィルムカメラブームの最高峰に位置するのが「CONTAX T3」。 この記事では、僕が愛用して ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-写真
-, , ,

Copyright© SATYOUTH , 2020 All Rights Reserved.