現代カメラの最適解か? ソニー「α7S」

Pocket

先日「α7RIII」を手放した旨を書きました。

その大きな理由は、大型化したボディや大容量データ等による“取り回しの悪さ”と、それによる“ワクワクの欠如”。

せっかくミラーレス化によって小型軽量化できたはずなのに、いつのまにか大きく重く“一眼レフ化”してしまったという印象なのです。

もちろんEVFなどのメリットは健在ではありますが、単純にどうにもワクワクしない。初めは“気軽にぶん回せる高画素機”という未来感にドキドキしましたが、GR IIを購入して以来、仕事以外ではほぼ使わなくなってしまいました。

そこで新しく購入したのが「α7S」。2014年発売の初代です。

決め手は「軽量・コンパクト」「階調の美しさ」「高感度性能」。画素数こそ落ちますが、それもひっくるめ、Webメディアへの掲載が主な用途である自分にとっては「最適解」だと感じました

そして、実は2018年、あえて「α7S」を購入した方々や、あらためて再評価する動きが自分の観測範囲内で目立っていました。

PHOTO YODOBASHI 忘れ得ぬ名機たち Vo.2

An Ordinary Life Sony α7s (ILCE-7S)を手に入れた

フイルム写真よ、さようなら#9 「カメラは、もう、買わない、だってソニーA7Sがあるから」

α7Sという最強のカメラについて

こうした方々の強烈な愛情も決め手の一つ…いや、かなり重要なポイントでした。

早速いくつかの撮影仕事で導入しておりますので、使用感などについてはまた後日ご紹介しようと思います。