生活

飲みやすく捨てやすい炭酸水「キリン ヨサソーダ」

浄水器と併用したいコンパクト炭酸水

先日、浄水器がロックダウン下のNYで役立っているという話を聞き導入しましたが、飲み水や料理用として大活躍。とても満足しています。

そしてさらに以前、ペリエを飲んでお酒の量を減らしているという話を紹介していました。

このライフハック(?)の欠点は、ペリエ(並行輸入品)の値段や在庫が安定しないということ。まれに必要なタイミングで値段が高騰していたり、在庫切れしてしまっていたりするんです。

そんなときに並行して活用しているのが「キリン ヨサソーダ」という炭酸水です。味や炭酸の感じはペリエに劣りますが、190mlという飲みきりサイズのためコンパクトかつ捨てやすく便利です。

とはいえ、日常に飲む水を全てこれにしてしまうと割高になってしまうので、浄水器と組み合わせていこうと思っています。

仕事効率化 健康 生活

2020/5/3

外出自粛の日々に「違う香水」でリズムを作ってみる。

手元に余っていた試供品が活躍 先日、ルームスプレーを使って、香りで気分転換するという記事を書きました。 テレワークや自宅待機の気分転換に“香り”を使う。「ルームスプレー」活用のすすめ 僕は普段ディプティックのアロマキャンドルとルームスプレーを使っているのですが、購入時にもらう試供品の香水やヘアフレグランスが手元に10本程度貯まっていました。 この数種類の香水が、最近とても役立っています。 朝のシャワー後にプッシュして、1日のスタートを自分に印象付ける 外出自粛やそれに伴うテレワーク状況においては、どうして ...

もっと読む

健康 生活

2020/5/3

「アーモンドフィッシュ」でテレワークの運動不足状態にカルシウム補給を。

運動不足の状態では、骨からカルシウムが溶け出し、骨が弱くなってしまうと言われています。また日光に当たる機会が減るとビダミンDが減り、カルシウムの吸収効率が悪くなってしまうのだとか。 そうした栄養事情や、気づけばチョコレートなどの糖分摂取が増えてしまいがちなことから、最近は「アーモンドフィッシュ」をおやつがわりにしています。 「給食で食べた」という記憶がある方も多いでしょう。甘く味付けされた小魚と砕かれたアーモンドが小さな袋にほどよく入っているやつです。 懐かしくもおいしいし、栄養もあるし、週末にはビールの ...

もっと読む

生活

2020/12/5

手ぶらが基本。毎日の持ち物は4つに収めます。

UPDATE:2020年12月の最新版はこちら 毎日手ぶら。2020年も変わらぬ4つだけの持ち物 これが僕の毎日持ち歩いているアイテムです。 …なんて、実はこれがずっとやりたかったことでした。世間では“EDC”と言うらしいのですが、“いつも持ち歩いているアイテム”をこうして紹介することに憧れておりました。 といっても、内容は至ってシンプル。 ジーンズのポケットに収まる4つのアイテム 1. iPhone 7 256GB SIMフリーモデルiPhoneは日本初発売の3Gからずっと使っています。6以降はSIMフ ...

もっと読む

生活

2021/1/5

節約のため楽天モバイルに乗り換えました。from LINEモバイル

スマホプラン事情が激変した2020年 2020年は頻繁にスマホのプランを変えた一年でした。 4月の緊急事態宣言により外出機会が減って通信量が激減したことを受け、契約プランをLINEモバイル最小容量の500MBへ。しかし、いくらなんでも少なすぎました。 SATYOUTH2020.05.19スマホ契約プランをLINEモバイル最安にしてみました→さすがに無理でした そこで3GBにしたところ生活にジャストフィット。一見少ないようですが、Twitterやインスタグラムの利用がデータ量に加算されないので、ちょうど一か ...

もっと読む

生活

2020/5/3

自宅で玄米ごはんをシステム的に食べることのすすめ。

外出自粛やテレワークの状況下において、多くの人が自宅でごはんを食べる機会が増えているのではないかと思います。 現在、多くの外食店が魅力的なテイクアウトを用意しており、僕もそれをよく利用しています。しかし、お金や栄養価の面からも、テイクアウトばかり利用しているわけにはいかないという実情も。 そこでこの記事では、フリーランスとして長年自宅で仕事をしてきた経験から、手間なくカンタンそして外出自粛でも太りにくい「自宅ごはん」のコツをご紹介します。 白米ではなく玄米を食べよう 僕がおすすめしたいのは「白米ではなく玄 ...

もっと読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

照沼健太

編集者・ライター・写真家・音楽評論家。2014年より2016年末までユニバーサル ミュージックジャパンのオウンドメディア『AMP』編集長を務め、並行してライフスタイルメディア『ROOMIE』に編集部員として参画。現在は音楽・カルチャー・広告等の分野にてコンテンツ制作やプロデュースを行っています。

-生活
-, ,

Copyright© SATYOUTH , 2021 All Rights Reserved.